ドメインオーソリティについて 補足 新宿・SEO対策 FLAPTURN| / 東京新宿の制作会社FLAPTURN(フラップターン)

SEO対策・ホームページ制作・中国語翻訳ならお任せください。
diary

通販サイト、ポータルサイト、飲食店サイトなら東京新宿のホームページ制作会社FLAPTURN(フラップターン)

> 業界情報ブログ
2015/09/21

ドメインオーソリティについて 補足 新宿・SEO対策 FLAPTURN

FLAPTURNの田中です。
いつも当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。


ドメインオーソリティについて 補足

前回、ドメインオーソリティについて説明しましたので、このついでにこれまでの内部SEO対策についてのおさらいをしたいと思います。

注力すべき項目は主に4項目

1 その記事がオリジナルかどうか

ページに載せる記事、テキストはあなたが自ら考え出したオリジナルの文章でなければいけません。どこかからコピーしたものであったりすると、ページの価値は下がってしまいます。

2 記事の内容の単語の関連性

GoogleはLSIという単語同士の関連性(共起語)についてのアルゴリズムの特許を取得しています。
例えば今なら「東京」「2020年」という単語には「オリンピック」「おもてなし」などという キーワードが関連付けられているでしょう。
ウェブ全体から収集した同じページにセットで出現する頻度やその文章間の距離などを元に日々更新させれているといわれています。

3 記事の内容の 言語としての正確性

文章が途中で切れていないか、てにをはが正確か?など日本語という言語自体の
正確性もチェック項目に入っていると言われています。いくら3)の関連性を考慮しても、その単語を並べただけのテキストでは文章として評価されないでしょう。

4 更新頻度とページボリューム

200文字 の記事を毎日更新するより1200文字の記事を週に1回更新する方が文章として伝わるかもしれません。反対に、ベージの作りによってはtwitterのように140文字 の記事がたくさんある方がユーザーが喜ぶかもしれません。
あなたのサイトに何を求められているかを、もう一度考えてもいいでしょう。

以上、内部対策のおさらいでした。

それでは、今後ともFLAPTURNをよろしくお願いいたします。


ホームページ制作・東京・新宿
FLAPTURN(フラップターン)

ホームページデザイン制作・システム開発・SEO対策・中国語翻訳などホームページ制作に関するあらゆるニーズに対応いたします。
また、愛着あるサービスをご自身の手で作成されたい方必見!
FLAPTURNではHPスクールを開港しています。
簡単かつ多機能なHP制作の技術をづ場やく身に付ける事ができます。